こっそり自宅でお尻の黒ずみを治す方法

 

お尻の黒ずみを治すには3通り。

 

  1. 隠す
  2. 新しく出来ないように予防する
  3. 今ある黒ずみを治す

 

当然といえば当然の3通りですよね。

 

でもこの3通りはどれもデメリットを抱えています。

 

隠す → 根本的な解決にはなりません
新しく出来ないように予防する → 出来るだけすぐ治したい!のに叶わない
今ある黒ずみを治す → 新たに出てきては治すのいたちごっこ…

 

 

当サイトでオススメしたいお尻の黒ずみを治す方法は、

 

新たな黒ずみを出来ないようにケアしながら既に出来てしまっている黒ずみも治す方法です。

 

そんな夢のような治し方があるの?と思いますよね。
まずは、夢のようなお尻黒ずみの治し方をお伝えしたいと思います。

 

黒ずみを新しく作らせない!今あるのを治す!にはアルブチン入りのケアクリームが効く

 

お尻の黒ずみを新しく作らない。かつ治すにはアルブチンという成分が含まれたケアクリームが効果あります。

 

アルブチンとは、漂白効果が素晴らしいハイドロキノンより安全な成分です。しかも黒ずむ原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

 

アルブチンの2つの効果

 

  • シミや黒ずみを白くする美白効果
  • メラニンを作らせないので新しい黒ずみを抑制する効果

 

スゴくないですか?
こんな素晴らしい効果が2つもありながら、ハイドロキノンより安全な成分なのです。ハイドロキノンは医療治療でも使用される成分です。ハイドロキノンは大変取り扱いが難しく使用濃度が規制されています

 

なので、今美白業界ではハイドロキノンよりアルブチンが注目されているのです。

 

アルブチンが含まれているケアクリーム「薬用ピーチローズ」

 

メラニンの生成抑制効果と美白効果があるアルブチンが含まれている、お尻専用のケアクリームがリボーテスキンケアから販売されている「薬用ピーチローズ」です。

 

日本薬学会でもその効果の高さを発表していますし、水着になる機会が非常に多いアイドルも使用しています。汚尻アイドルと言われていた青山ひかるさんはピーチローズを使用して綺麗なお尻になったことで有名です。

 

また薬用ピーチローズは口コミが非常に多くかつ高評価を得ています。

 

アットコスメでのピーチローズ評価は5.6

 

@cosmeでのピーチローズの評価ですが、いかがですか?

 

口コミ総数が740件!
しかも評価は5.6点と高評価

 

更に誰でもお尻黒ずみに悩んでいる人が使い始めやすいようにと、60日間の返金保証があります。

 

 

効果がないな〜


 

なんかピーチローズ全然だめ


 

こんな感想でもこの60日間返金保証を使用すれば返金してもらうことができます。

 

ここまでサービスよくてアルブチンが含まれているお尻ケア商品はありません。

 

有名お尻ケアクリームの主成分を比較!アルブチン使用はピーチローズだけ

 

お尻のケアクリームは、ピーチローズ以外にもいくつか有名なものがあります。

 

それらの黒ずみに効果的な主成分を比較してみましょう。

 

ピーチローズ アルブチン
アットベリー 甘草フラボノイド
ホスピピュア トラネキサム酸
ピューレパール プラセンタ
クレアフォート プルーン酵素分解エキス

 

比較した表を見てもらうと分かる通り、黒ずみへの有効成分アルブチンを含んでいるケアクリームは、ピーチローズだけなのです。

 

>ピーチローズの公式サイトへGO!

 

ケアクリームの効果を最大化する使い方と塗るタイミング

 

ピーチローズじゃなくても大丈夫なんですが、ケアクリームを使うタイミングや塗り方というのが効果を上げるうえで重要になります。

 

ピーチローズ以外だと何がいいの?と疑問な方は、下のケアクリームランキングから比較して選びましょう。

 

ここではケアクリームの代表として当サイトでおすすめの有効成分アルブチンが含まれている薬用ピーチローズを例に出します。

 

薬用ピーチローズをお尻に塗るタイミングは、清潔な時です。

 

清潔なときってどんなときでしょうか?

 

そう、お風呂上がりが一番お尻が清潔な状態になります。

 

お風呂上がりにしっかり水分をタオルで拭き取りピーチローズを塗るのですが、この時の塗り方を下記のようにするとヒップアップ効果も得られるんですよ。

 

もちろんヒップアップ効果別に要らない!という方は、お風呂上がりに普通に塗るだけでOKですから、下の塗り方の部分は読み飛ばしてください。

 

ヒップアップ効果が生まれるピーチローズの塗り方

 

ヒップアップ効果があるピーチローズの塗り方は思っている以上に簡単。
ぜひ、黒ずみ対策で塗る際に取り入れてくださいね。

 

  1. 手のひらにピーチローズを取り手に伸ばしながら温める
  2. お尻の中心に向かうように円を書くように染み込ませる
  3. サラサラになるまでお尻を押さえ込む

 

ね、簡単でしょ?たったこれだけでヒップアップ効果も得られながらお尻黒ずみもケアできます。

 

しかも黒ずみのケアは冒頭で伝えた通り「新たな黒ずみを出来ないようにケアしながら既に出来てしまっている黒ずみも治す」ことができるのです。

 

アルブチン入りケアクリームを使うことでお尻黒ずみを綺麗に治すことができますが、更に黒ずみを治すスピードあげたい方は、黒ずみがお尻に出来てしまう原因や、ケアクリーム以外の黒ずみの治し方を知って、実践してみましょう。

 

>ランキング・比較表を飛ばしてお尻が黒ずみ原因やその治し方を見る

 

>ピーチローズの公式サイトへGO!

 

有名なお尻ケアクリームのランキングと比較

 

お尻のケアクリームで有名かつ評価が高い商品は、5個あります。

 

有効成分で比較

まずは5つ商品に含まれている黒ずみへの有効成分について比較してみましょう。

 

ピーチローズ アルブチン
アットベリー 甘草フラボノイド
ホスピピュア トラネキサム酸
ピューレパール プラセンタ
クレアフォート プルーン酵素分解エキス

 

成分の効果について詳しくない方もいらっしゃるので、簡単に各有効成分の効果についてまとめました。

 

アルブチン メラニンの生成抑制効果美白効果がある
甘草フラボノイド メラニン生成を促すチロシナーゼ酵素の活性を抑える
トラネキサム酸 メラニンを生み出すメラノサイト刺激因子の働きを抑制する
プラセンタ メラニン生成を促すチロシナーゼ酵素の活性を抑える
プルーン酵素分解エキス 表皮の角質細胞がメラニンを取り込むのを抑制する

 

先ほどの比較表は上から当サイトが有効成分だけでランキング付けするなら?のおすすめ順になっています。

 

1番は先ほどから例で出しているピーチローズになります。
ピーチローズ以外の4つは予防が中心の成分構成になっていることがわかります。

 

その点ピーチローズの有効成分アルブチンは、黒ずみができる予防をしつつ今ある黒ずみへの効果も発揮します。W効果があるんですね。

 

価格で比較

次は価格で比較してみましょう。

 

商品名 価格
(1ヶ月分)
価格
(1日あたり)
内容量 価格
(gあたり)
ピーチローズ 5695円 190円 60g 95円
アットベリー 5440円 182円 60g 91円
ホスピピュア 5500円 184円 30g 184円
ピューレパール 4750円 159円 30g 159円
クレアフォート 4960円 166円 30g 166円

 

価格だけ見るとピーチローズ、ホスピピュア、アットベリーの順に高いです。
しかし、内容量を比較するとアットベリー、ピーチローズ、ピューレパールの順に安くなります。

 

お尻という部位に塗るので、どうしても一回あたりの使用量は多いですよね。
だから値段だけを比較するとあとで一ヶ月持たずに無くなってしまった・・・という自体になります。

 

しっかり内容量あたりの価格でも比較しておきましょう。

 

口コミで比較

 

最後に口コミの件数や評価で比較しました。

 

商品名 @cosme
(件数)
@cosme
(評価)
総合評価
ピーチローズ 740件 5.6点
アットベリー 367件 5.6点
ホスピピュア 146件 5.1点
ピューレパール 205件 4.8点
クレアフォート 無し 無し

 

クレアフォートはまだ口コミ登録がありませんでした。
一番口コミ件数が多く、評価も高いのがピーチローズになります。

 

全て踏まえてお尻の黒ずみへおすすめのケアクリームをランキングにてお伝えします。

 

ピーチローズ
ピーチローズ ピーチローズには黒ずみへの有効成分アルブチンが含まれています。アルブチンは予防だけでなく、すでにある黒ずみ、シミへの美白効果があるのです。

 

また60日間返金保証があり誰でも気軽に始めやすいのも特徴です。

 

また口コミでの評価がお尻のケアクリームの中で1番高いです。

 

>ピーチローズの公式サイトへGO!

価格 容量 評価
5,695円 60g

アットベリー
アットベリー アットベリーには甘草フラボノイドが含まれていて、黒ずみができるのを予防してくれます。

 

初回金額が2980円と非常に安いのも特徴。

 

更に口コミがピーチローズ同様非常に評価高いです。

 

>アットベリーの公式サイトへGO!

価格 容量 評価
5440円 60gl

ホスピピュア
ホスピピュア ホスピピュアにはトラネキサム酸が含まれていて黒ずみができるのを予防してくれます。

 

90日間返金保証があり安心して始めることができます。

 

また開発には湘南美容外科が監修しており、病院でも販売されています。

 

>ホスピピュアの公式サイトへGO!

価格 容量 評価
5500円 30g

ピューレパール
ピューレパール ピューレパールにはプラセンタが含まれており黒ずみの発生を予防してくれます。

 

25日間返金保証があり安心して購入できます。

 

更に今ならWithサプリが付いてきます。

 

>ピューレパールの公式サイトへGO!

価格 容量 評価
4750円 30g

クレアフォート
クレアフォート

クレアフォートにはプルーン酵素分解エキスが含まれており黒ずみの発生を予防します。

 

120日間の全額返金保証が付いています。

 

また継続の縛りはありませんので、止めたいときにやめることができます。

 

>クレアフォートの公式サイトへGO!

価格 容量 評価
4950円 30g

 

 

黒ずみがお尻にできてしまう2つの原因と原因に対する治し方

お尻が黒ずんで見えるのは、肌が色素沈着を起こしているからです。

 

色素沈着とは、慢性的に皮膚の炎症が起こり、その炎症が治まっても色素が肌に残っている状態です。

 

お尻が色素沈着を起こすのには、誰もが生活の中で行っている行動に原因があります。

 

お尻の黒ずみを治す方法は、この色素沈着を起こさないように予防する事が第一条件と言えるでしょう。

 

そして、お尻に色素沈着をさせる大きな原因は、摩擦と乾燥

 

原因が分かれば予防はカンタン

 

摩擦と乾燥からお尻を守ればいいのです。

 

お尻への摩擦

お尻は、多くの摩擦を日々受けているって知ってましたか?誰もが下着を履いていますが、下着の種類や締め付けでも日々刺激や摩擦を受けています。

 

それだけでなく、座っている時は誰でもお尻の一部分を常に圧迫しています。このような摩擦で起こる色素沈着を「摩擦黒皮症」といい、比較的皮膚の深い部分まで色素が残ってしまいます。その為元の綺麗な肌に治すためには時間がかかるのです。

 

色素沈着の予防

お尻の黒ずみを予防するには、黒ずみが起こる原因になる摩擦や圧迫を出来る限り避ける必要があります。

 

色素沈着の予防方法

  • 下着の種類を摩擦の少ない綿やシルクに変える
  • 黒ずみの気になる部分に下着のレースや縫い目が当たらないものを選ぶ
  • 座ることが多い場合には、硬い床や椅子を避けることがオススメ
  • お尻への圧迫を避けるためにクッションを活用する

→お尻のケアにはクッションがおすすめ

 

乾燥するお尻

お尻は乾燥しやすい部分でもあり、乾燥と刺激が重なることで肌を守ろうとターンオーバーを早め、皮膚を厚くしようと働きかけます。これを過角化といいます。過角化した肌は厚みがあるため、かさつきやくすみが起こり黒ずんで見えるようになります。

 

それだけでなく、乾燥した肌は肌のバリア機能が低下しています。

 

そのため、通常は影響のない摩擦にまで敏感になり、刺激に弱くなるため色素沈着を引き起こしやすくなります。

 

→お尻の乾燥はかゆみの元?

 

お尻を乾燥させないスキンケア

お尻のスキンケアを日頃から心がけている人は意外に少ない。。。というよりも何かしら治したい!と思っている人以外ではケアはしていないです。

 

しかし、おしりは乾燥しやすく、乾燥することで黒ずみが起こりやすくなるため、保湿は必ず必要です。

 

保湿することで、肌のターンオーバーが正常に整い、皮膚を固くすることを抑えるとともに摩擦に強い肌へと促します。必要のない角質も、刺激を与える必要も無く自然に剥がれていきます。

 

乾燥させないためのスキンケアは、お尻の黒ずみの解消にも予防にも有効なのです。

 

摩擦と乾燥がお尻に黒ずみを発生する過程

 

お尻に黒ずみが発生する過程

 

摩擦と乾燥からお尻を守る!対策と改善方法

 

ここでは細かいお尻の黒ずみ対策や改善方法はお伝えしません

 

お尻に黒ずみが出来ないように摩擦や乾燥から守るには1つだけ必ず行ってください。

 

お尻の保湿

 

お尻の保湿が黒ずみに効果があるのは分かったかと思います。
また効果がある保湿クリームはどのようなものなのかをご紹介していきます。

 

どんな保湿クリームでも良いわけではありません。

 

お尻の黒ずみに効果がある保湿クリームの条件

  • 保湿クリームに油分が多めに含まれている
  • 黒ずみ有効成分が多い

この2つが大事で、中でも色素沈着に効果がある成分(プラセンタやビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸など)があると特に効果が期待できます。

 

お尻専用の保湿クリームがおすすめ

最近では、お尻の黒ずみ専門のケアクリームが多く販売されています。

  • 薬用ピーチローズ
  • パラネージュ
  • フェアリームーン
  • ピューレパール

上記以外でも自宅にあるワセリンやオロナインなどで保湿することも効果は多少あります。
しかし、やはり薬用ピーチローズのような製品はお尻の悩みを考えて作られたものですので、より効果的です。

 

配合成分が黒ずみ解消に特化してますからね

 

お尻の皮膚は顔の皮膚とは違うため、しっかりと浸透させる事を考えて作られたものはより効果を発揮します。

 

お尻のトラブル対策ができるピーチローズは、浸透しやすく保湿成分を細分化しているうえに、タップリの潤いを与え肌のターンオーバーを正常に整えるためオススメです。

 

本気でお尻のケアをしたいと考えるのであれば、よく考えて製品を選びましょう。

 

>【60日間返金保証付き】ピーチローズはこちら

 

>なぜピーチローズがおすすめなの?