お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因は5つある

お尻が黒ずみを起こしている人は意外と多く、気になっていても解決策がわからないという人が多いです。

 

お尻の黒ずみが発生する原因は生活の中にあることがほとんどです。
黒ずみが出来る5つの原因を知ることで、お尻の黒ずみを改善することに繋がります。現在、どうしたら治るの?と悩んでいる人は、まず自分のお尻になぜ黒ずみができるのか?原因について知りましょう。

 

1.お尻の乾燥が黒ずみの原因

 

お尻は意外と乾燥しやすい場所って知っていましたか?乾燥するとお尻に黒ずみができる土壌が出来上がってしまいます。

 

お尻が乾燥すると、乾燥した肌を守ろうと防衛反応が働き、より皮膚の角質層を厚くします。
このことを「過角化」というのですが、こうなると治すのはなかなか時間がかかってしまいます。

 

過角化する前にお尻の保湿をし、乾燥と外部からの刺激を取り除いてあげることが重要です。
お尻 黒ずみの原因となる乾燥を防ぐことはお尻の黒ずみ対策の第一歩です。

 

お尻に黒ずみが出来る人はお尻のケア何かしていますか?と聞くと大抵「よく洗っている」という回答が多いです。
ですが一番重要なケアは保湿対策になるんです。

 

>お尻の黒ずみを治す方法

 

2.お尻への摩擦は誰もが考えられる原因

 

お尻はいつも下着と衣服をまとっている部分でもあるため、圧迫や摩擦、ムレを起こしやすい部分です。

 

そのため、お尻はかぶれやすく汗がたまりやすいこともあり不衛生な場合が多いです。
不衛生な環境のために起こる肌の炎症が色素沈着の原因となり、お尻の黒ずみの発生を生みます。

 

また、下着の布の種類や形によっては、一日中、摩擦が起こってしまいます。その場合は日常的に黒ずみの原因を起こしている場合もあると考えられます。
天然繊維やシルクの下着を付ける。他にはゴムなしタイプを選ぶといった選択が効果的です。

 

さらに、お尻の黒ずみを何とかしようと、お風呂で力を入れてお尻をゴシゴシ洗っているとすれば、それも原因の1つになっています。
擦ることでさらに色素沈着を起こしやすく、厚い角質の深い部分に黒ずみが起こるため、なかなか改善できなくなります。

 

擦らず洗う事や下着の見直し、さらには締め付ける服装を避けることで改善が期待できます。

 

3.肌への刺激になる習慣

 

デスクワークは1日の殆どを座っているため、お尻への負担は大きいでしょう。特に、硬い椅子や床に腰を下ろして長時間の作業を行っている人は、その圧迫と刺激から黒ずみを起こしやすいと考えられます。

 

座った時のお尻は、身体の中からは骨に、外からは椅子や床に圧迫されています。その状態が続くことは、刺激だけでなく血行不良も起こるため、黒ずみの原因でもある乾燥を起こします。

 

お尻への刺激が起こることで、肌を守ろうと身体が働き、メラニン色素をどんどん生成し、黒ずみにると考えられます。また、メラニン色素だけでなく、ターンオーバーが乱れ、結果的に肌が厚くなるため黒ずんで見えるとも言えるでしょう。

 

座る時には極力やわらかい所へ、またクッションを活用することで黒ずみが起こりにくくなるでしょう。

 

4.洗浄についての習慣

 

お尻は、身体の中でも洗い残しや流し残しが起こりやすい部分です。特に椅子に座ったまま身体を洗いシャンプーを流す場合、椅子に座ったお尻の下の部分をしっかりと流せていない可能性や、尻の形が影響し、下の方を流し残している可能性があります。

 

また、洗浄成分にアレルギーを起こしかぶれや吹き出物ができている可能性も考えられますし、かゆみがある場合も、掻いてしまえば黒ずみの原因になるでしょう。

 

普段意識することのない入浴時の行動を見直してみましょう。

 

5.ニキビや吹き出物

 

お尻のニキビや吹き出物ができた後に、黒ずみが起こる可能性もあるでしょう。刺激とムレからニキビができやすい部分ではありますが、ニキビが治った後も色素沈着として黒ずみが残ってしまうことがあります。お尻が置かれている環境から、なかなか治らず悪化する可能性も高く、酷い炎症が黒ずみを起こします。

 

乾燥していれば、なおさらニキビのできやすい環境になっていると言えるでしょう。
まずはニキビのできない肌作りを心がけましょう。

 

お尻の色素沈着を起こしやすい人

 

日本人の肌は比較的白く見えますが、メラニン色素の生成能力が高いため刺激や圧力によって色素沈着を起こしやすいのが実態です。

 

痩せている人

 

お尻の黒ずみが座った時に圧迫される部分に起こりやすいのが、痩せ気味の人です。お尻の脂肪が少なく、座った時に床につく坐骨がクッション性の少ないお尻の皮膚をより圧迫するため、色素沈着を起こしやすく黒ずみも発生しやすいのです。

 

自転車に乗ることの多い人

 

自転車はお尻で身体を支えています。
特に小さなサドルに乗って足を大きく動かすため摩擦は大きなものになるでしょう。ただ座っている時よりもさらにお尻の一部分に強い摩擦起こると考えられます。

 

お尻の黒ずみの原因を排除することが改善のカギ

 

お尻の黒ずみは日々の生活の中で徐々に悪化していく可能性があります。改善するためにも黒ずみを予防するためにも、原因を極力取り除くことが必要です。

 

洗い方の見直しや、普段の座る時の配慮だけでなく、たっぷりと保湿することを心がけることで肌のターンオーバーを整えれば、黒ずみは少しずつなくなっていくと考えられます。

 

また、ニキビが原因の黒ずみの場合には、生活習慣の見直しが必要な場合もあるでしょう。規則正しい生活でホルモンバランスを整える必要がありますし、この場合にも保湿は重要な役割を果たします。

 

お尻の保湿をすることは、予防にも改善にも役立つため欠かせないものです。お尻のトラブルを考慮した化粧品もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。