お尻がかゆい原因と対策

お尻の黒ずみの原因、かゆいからって掻いちゃダメ!

お尻の黒ずみの原因は、人によって違うでしょう。中にはかゆみが原因になっている人もいらっしゃいます。お尻の皮膚の摩擦や刺激があると、皮膚を防護しようとメラニン色素が生成され色素沈着を起こす可能性があるため、もしもかゆいと感じても、けっして掻いてはいけません。掻いてしまえば、かゆい症状が治まっても黒ずみに悩まされることになります。
特に、お尻が痒い場合は衣服越しに掻くことになる可能性が高く、強めに掻いてしまったり、服との摩擦が直接掻く時よりもダメージを与えることもあります。
まずは、かゆみの原因を把握し、排除しましょう。

 

お尻がかゆい原因と対策

 

その他の肌と同じく、お尻の肌も掻くことでキズつき、細菌の影響を受けやすくなるため気を付けなければなりません。
かゆみを我慢するのは辛いことですから、起こさないようにするのが一番大切です。普段から気を付ける事で、かゆみと黒ずみを防止できる可能性はあります。

 

乾燥している

 

肌の乾燥はどの部分でも起こりますし、かゆみの原因になります。また、空気が乾燥する冬だけでなく湿度の高い夏でも、エアコンなどの影響で体が乾燥していることも考えれます。
乾燥した肌は、通常よりもバリア機能が低下しているため、刺激に弱くチクチクとかゆい状態になりやすく、下着の素材などによってもかゆくなる可能性があります。そして、少しでも掻いてしまえば細かい傷が付くためより痒くなります。
顔が乾燥しているということは、同じくお尻も乾燥している可能性があります。それだけでなく、圧迫されやすいお尻は血行不良によって乾燥しやすい部分でもあるでしょう。
乾燥対策は、顔と同じくスキンケアをすることです。お尻のスキンケアも習慣にしてみましょう。

 

あせも

 

お尻は、いつでも下着だけでなく衣服にも囲まれている状態です。汗をかきやすいうえに通気性が悪い状態が続くことで、あせももできやすいでしょう。汗をかき放置すると細菌が繁殖するため、あせものような炎症を起こしやすいのです。
あせもは、汗をかいたら洗い流すことが一番の対策ですが、通常の生活の中では、なかなかできるものではありません。最近では、ボディー用のふき取りシートなどが販売されていますから、そのようなものを使用するのも良いでしょう。しかし、擦りすぎることでかゆみが増す可能性があるため、あくまでも優しくふき取ることを心がけ、すぐに洗い流せるのであれば控えます。
タオルで優しく汗をふき取るだけでも良いですし、下着を交換できればより効果的です。化学繊維の下着は避け、綿素材の物を身に付けるようにするのもオススメでしょう。

 

かぶれやアレルギー反応

 

肌のかゆみはアレルギーでも起こります。アレルギーは薬品や衣類の成分によるものの場合があるでしょう。洗濯洗剤や身体を洗う石鹸が合わない場合、下着の素材が身体に合わずに起こることもあるでしょう。
日によって、かゆい時とかゆくない時があるとしたら、細かくチェックしてみると原因がわかるかも知れません。原因となるものがわかったら、すぐに使用を止め、様子を見ましょう。一つの原因ではなく複数が重なっている事もあるため、慎重に確認しましょう。
また、身体を洗う時には流し残さないようにすることも忘れないようにしましょう。お尻は後ろにあることとその形から、洗い残しや流し忘れが起こりやすい部分です。

 

ニキビや吹き出物

 

お尻にニキビや吹き出物ができている場合には、その炎症からかゆい場合があるでしょう。また、細菌が入り込んでいる可能性も考えられます。
ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れによる乾燥や、お尻の不衛生になりやすい環境にもあるでしょう。
まずは、お尻のニキビや吹き出物を悪化させないようにする必要があります。ひどい場合には、皮膚科を受診することも考え、通常のケアとしては清潔にすることと保湿、また、圧迫や摩擦を極力避けることです。ホルモンバランスの乱れには、ストレスが関係している可能性があるため、ストレス解消やリラックスすできる環境づくりも併せて行うと良いでしょう。それだけでなく、食生活や規則正しい生活を心がけましょう。
お尻のニキビは、たとえかゆくなくても黒ずみが起こる原因になります。

 

かゆい時の対処法

 

かゆいからといって掻いてしまうと、肌トラブルだだけでなくお尻の黒ずみの原因になります。身体が暖まるとかゆくなる傾向があるため、できる環境であれば冷やしてみましょう。
普段から保湿を心がけることで、かゆみが起こりにくくなりますし、かゆいと感じた時にも保湿してみると治まる可能性もあります。
かゆみの原因が、あせもやかぶれの場合には、市販のかゆみ止めを一時的に使用するのも良いですが、清潔にした後に塗るようにします。
掻いていしまうとよりかゆくなるだけでなく、ニキビや吹き出物、あせもの悪化につながります。出来るだけ触らないようにしましょう。また、入浴時には擦らずに優しく洗うことと洗いすぎに注意しましょう。
かゆみがどうしてもおさまらない場合には、一度皮膚科を受診することをオススメします。