お尻の黒ずみにクッションが重要

お尻の黒ずみ改善にクッションが必要なワケ

お尻の黒ずみにはクッションを上手く利用することをオススメします。
何故なら、お尻の黒ずみはメラニン色素の生成によってできる色素沈着の場合があり、その原因には摩擦や圧迫が考えられるからです。座ることは日常生活で度々ありますが、その行為はお尻の摩擦や圧迫の原因んの1つです。自分では痛みや違和感を感じていなくても、硬い座面に座ることで徐々に黒ずみの原因になるメラニンが生成されてしまっているのです。
特にお尻の脂肪が少ないタイプの人は、身体の持つクッションも少ないため、黒ずみが起こりやすいでょう。脂肪が少ないお尻は、そのまま座ることで坐骨と言うお尻の中の骨と椅子や床との間で圧迫され、刺激と血行不良を起こしてしまいます。

 

クッションでお尻の黒ずみの予防と解消

 

お尻の黒ずみ解消は、黒ずみを起こす原因を出来る限り排除することと、すでにあるお尻の黒ずみを改善することで効果を発揮します。
そのために必要なことは、座る時間が長い人やお尻の脂肪の少ない人に取っての圧迫を軽くすることです。お尻の黒ずみが座ると座面に当たる部分にある人には、特に重要な事です。
硬い椅子に長時間座っていることを避けるために、椅子を変えることができない場合も多でしょう。また、座らないで仕事や生活を送ることはできません。そのため、対策としてクッションがオススメなのです。

 

お尻の負担にならない座り方

 

座っている時間が長いという人は、お尻が痛くなることもあるでしょう。痛くなるだけでなく黒ずみも起こってしまうため、日々の座り方に気をつける必要があります。座り方に問題がある人もいらっしゃいますから、背筋を伸ばすことと椅子に深く座る習慣を付けましょう。
その上で、座面が硬い椅子に座っている場合や柔らかいと感じていても座った時に当たる部分が黒ずんでいる人は、クッションを使いお尻への圧迫を緩和すると良いでしょう。

 

クッションの種類も様々

 

お尻の下に敷くクッションは、一般的なものでも良いですが、中には、お尻の負担を減らす事を目的として考えられたクッションもあります。また、大切なことは椅子の大きさに合っているかどうかです。サイズがあっていなければ扱いにくく正しい座り方ができない可能性もあります。
また、素材に関しても自分の好みや使い勝手だけでなく、お尻への負担がしっかりと緩和されるかどうかを考えると良いでしょう。

 

低反発、高反発のクッション

 

お尻の形に合わせて形が変わる低反発のものは、一見良さそうに感じるかもしれませんが、時間が経つと共に座面と坐骨が当たる部分が薄くぺったんこになることがあります。そうなれば圧迫を緩和すために敷いているクッションの役割を果たしてくれません。低反発のものでも、長時間座っていても硬い座面を感じないものであれば効果的でしょう。
逆に高反発のものもありますが、硬いため圧迫され、更に形がなかなか戻らない物はお尻の位置を変えると違和感を感じることになることもあるでしょう。厚みや素材により大きく差がでるため、出来れば使用してから決めることをオススメします。

 

エアークッション

 

空気を入れて膨らますタイプのクッションがあります。フワフワしているため、人によっては圧迫感を緩和できるでしょう。空気の入れ具合も調節できるため、自分の好みに合わせることができる可能性があります。
持ち歩くことも楽に出来るため、様々な場面で座ることが考えられる人にとっては、便利に利用できることはあるでしょう。
しかし、体重によっては破れることもあるため製品選びに注が必要です。

 

できるだけ弾力のある素材を選ぶ

 

お尻を守るためには、出来る限り柔らかく弾力性の高いクッションを選ぶことが重要です。すぐに薄くぺたんこになってしまうものは避けましょう。弾力性があれば、椅子からも坐骨からも圧力を受けることを極力減らすことができます。また、お尻の形に合わせた形のものや、お尻が痛くならないように考えられている製品を選ぶのもオススメです。

 

脂肪もクッションの役目をしている

 

痩せている人は当然お尻の脂肪が少ないため、黒ずみは起こりやすいといえるでしょう。その上デスクワークや自転車に乗ることの多い人は注意が必要です。クッションとなるお尻の脂肪を黒ずみの予防のためにつけることは難しいため、座る時には必ずクッションかそれに変わるものをお尻の下に敷くことを習慣にすることをオススメします。
それだけでなくお尻に筋肉を付けるようなトレーニングやエクササイズを取り入れるのも良いでしょう。筋肉も脂肪と同じくクッションの役割を果たしてくれますし、お尻を大きくせずに形を良くするとともにクッション性が保たれるため、黒ずみの予防になります。

 

お尻のニキビも黒ずみの原因

 

お尻にニキビができやすい人にとって、硬い椅子に座ることはとても辛いことです。そしてそのニキビの悪化が黒ずみの原因になっている可能性もあるでしょう。
座る時の圧迫や刺激が、ニキビとニキビの悪化の原因になっている可能性もありえます。硬い椅子に長時間座ることは皮膚を固くし、血行不良は乾燥を招きます。肌の乾燥はニキビの原因になるため、避ける必要があるでしょう。
お尻にクッションを敷くことを習慣とすることでニキビと黒ずみの両方の予防にもなるのです。ぜひ、自分に合ったクッションを選び、活用してみてください。

 

すでにある黒ずみを解消するケア

 

クッションを使い日常的な刺激がなくなることでお尻の黒ずみが起こりにくくなり、その上でスキンケアを行っていけば黒ずみの改善に繋がります。スキンケアは、肌の潤いを保つために保湿をする事はもちろんのこと、洗い残しやすすぎ残しがないように注意が必要です。
いつも上半身の重みを受けているお尻をいたわることと、正しいスキンケアで綺麗なお尻を手に入れましょう。